バドミントン 練習

 90日以上実践して成長を全く実感できなければ全額返金します。 ⇒  簡単バドミントン上達法

フェイントのかけ方

バドミントンのフェイントの種類はたくさんあります。そのうちの一つが、カットをかけるフェイントです。オーバーヘッドのフェイントを考える際にカットという技術はものすごく大きな意味を持つのです。カットが持つフェイントの要素はスイングの方向とは逆に打てること、またスイングスピードよりも遅い球を打てることの二つがあります。


つまり、しっかりカットをかけられるとこの二重のフェイントで相手をだますことができるのです。スイングスピードを変えるフェイントもあります。このフェイントは、スイングスピードを途中まで遅くしておいてインパクトの直前に加速させる、または途中まで速くして最後に緩めるという方法のフェイントです。


フォームに入ってからの間を変える技術のためるフェイントという技もあります。これは、打点に入ってすぐには打たずに一瞬、間を作ります。


ゆったりとしたフォームから突然速いストロークが来ると、相手はタイミングを見失いますよね、またその逆でも動きが鈍くなるのです。ただし、フェイントは基本ができることが前提の技です。まずは基本ができてからでないとフェイントは効果がありません。効果を確認しながら対人練習の中でとにかく練習するようにしたらいいかもしれません。


オリンピック総合コーチが教えるバドミントン上達法

10日間でトッププレイヤーになれるバドミントン上達法とは?
バドミントンで最も重要なこと、それは「試合で勝つためのテクニック」です。もちろん、日々の基礎練習は大切ではありますが、「どのようにゲームを進めていけば相手を制することができるのか?」を理解していなければ、せっかくの練習もすべて水の泡になってしまいます。実は、試合で勝つためのテクニックは大きく分けて8つあります。このマニュアルでは、その8つのテクニックを取り入れた練習をすることにより、相手の動きをコントロールし、たった10日間という短期間で驚くほど上達することができます。

簡単バドミントン上達法

1日数分で実践可能なトレーニング!
このマニュアルは、1日数分、簡単にできるトレーニングプログラムです。年齢、性別、経験の有無や才能に関係なく、実践すれば必ず上達できます。理論や練習法はコーチや書籍などでたくさん勉強をして練習もこなしていても結果は変わりません。うまく打てる人とのバドミントンの知識の差はほとんどないはずです。筋力によるスピードの差、基本練習をどれだけやったかという差は確かにあるでしょうが、でも「基礎をやれば必ずスピード、コントロールが上がる」こういった確証はありません。ちゃんとコツがあるのです。

試合に勝つためのバドミントンダブルス練習法

わずか25分の練習が実力をぐんぐん育てる!
週1回しか練習の出来ない社会人プレーヤーでも、短期間で実力をアップさせ、勝利の数を増やせる練習方法とは何なのか?それは、「基礎打ち」練習をどのような意識を持って取り組むかが、これまで上達の秘訣です。つまり重要なのは、「いかに前衛に決めさせるか?」「その為に、より実践的なショットとはどう打つべきなのか?」という意識を持ちながら、基礎打ちに取り組む事です。それが、あなたが今の環境で、よりも短期間で無理せずに勝利の数を増やす方法なのです。

 

サイトマップ

悪質サイト